FC2ブログ

御礼・コメントお返事

昨日の突発SS、お読みくださった皆様ありがとうございます!
なんとロイ視点SSをお返しに頂いたりなどして、昨夜は萌え転げまわっておりました。
同じ設定、同じ台詞を使っていてどうしてあんなにもエドワードさんが美しく麗しくなるんでしょう…!
表現仕切れなかった部分まで見事に補完して頂けて感無量でございます。
ツイッターでコメント頂いた方、お気に入りぽちしてくださった方、拍手コメント頂いた方もありがとうごさいました。
いろいろな形でこうやってご反応頂けると大変励みになります。

140字×数回には長過ぎ、ノベリストに載せるほど長くもないのでこちらにあげてみましたが、字数を気にせず案外手軽なのでまた小ネタができたらぼちぼちあげてみたいと思います。
ネタメモで半端な長さで埋もれているものとかあったらお試しで流してみようかなw

以下、拍手コメントお返しです。
当ブログ初コメントでした。ありがとうございます!

続きを読む

スポンサーサイト



【ロイエドSS】境界線と聖なる夜空


砂漠のように砂しかない乾いた大地に座り込んでぼんやりと境界のわからない地平線を眺めていたら、男がやってきて無言で後ろに座り込み両足でオレの身体を挟み込むように被さってきた。
振り向かなくても誰かは気配でわかる。だから振り向かない。
「――おい、なんだよこの体勢は」
エドワードが文句を言うと、男はさらに両腕を身体の前に回して抱え込んでくる。
「暖を取ってるんだ」
ロイはしれっと返す。
しかし故意なのか無意識なのか、後ろから耳元に囁いてくるものでされた方は堪らない。
顔も心臓も近過ぎる。勘弁してくれ。
「オレを湯たんぽ代わりにするなよ」
努めて邪険にそう言ったものの、確かにここは寒いしかといって火を焚くわけにもいかなかったので、エドワードも黙ってされるがままにした。
ここは真冬の国境沿いで、今は隣国からの夜襲が来るのを警戒しながらの野営中だったので。
部隊の司令官が陣営から外れたところで警護も付けずにふらふらしているのがばれるのも不味いだろう。この格好も。
「真冬の夜空は澄んでいて綺麗だな。街中でも戦地でもそれは変わらない」
気づくとロイは夜空を見上げているようだった。
言葉につられてエドワードも目線を上にやる。無数の星が瞬いていた。
「君が好きだよ」
「なっ……!」
不意打ちだった。脈絡がなさ過ぎる。
エドワードは振り向こうとしたが、ロイは空を見上げたまま顎をエドワードの頭のてっぺんに乗せたので身動きが取れなかった。
「オレの頭を顎置き場にするな! てか、こんな時にいきなり何言ってんのあんた……!」
「こんな時だからこそだよ、鋼の。――君にこんな景色を見せたくはなかった」
そう言うと、ロイは顔を伏せて今度はエドワードの肩に額をつけて蹲るようにして黙り込んでしまった。
不意打ちにもほどがある! と怒鳴るかのように打っていた心臓が、その言葉に今度は違う意味で早く脈打つ。
いつもは不遜で大きく見える大人がなんだか怯えている小さな子供のように思えて――抱き締め返して背中をさすってやりたい気持ちになった。
今もすっぽりと包まれているのは自分の方だったけれど。
しかし身じろげないまま、仕方なくエドワードは可能な範囲でロイの頭のある方に自分の頭を傾け、澄んだ夜空を見上げたまま言った。
「あの星はさ――」
星がきらきらとよく見えた。
「ここにいる皆を家で待ってる人達にも見えてるんだろ?」
ロイの言うようにアメストリス国内でなら、いや隣国でも恐らく、誰の目にも等しく同じように見えるはずだ。
例え角度は違っても、きっと同じ星空が。
「でも早く一緒に見れるようにしてやんねえとな」
こんな境界線もわからないような場所で見知らぬ相手と命のやり取りするのなど早いところ平和的に切り上げて、皆で早くうちに帰って家族と夜空を見上げよう。できれば暖かいところから。
「あんた和平交渉とかそういうの得意だろ?」
オレはあんたと一緒なら何処ででもいいけど、という言葉は空から降ってきた漆黒の二つの宙と唇に遮られて、二人の間で溶け込んだ。

fin

******

突発SSでした。脈絡なくすみません。
なんとなく戦メリを思い出してでもクリスマスにはしたくなくて冬で戦場でロイエドで・・・といろいろ厨二的に拗れた結果です。
設定は未来軍豆でも旅の途中で召集されちゃったのでもご自由にどうぞ。

ほんのデザイン

こんばんは。
温いなと思った数時間後には雹が降ったりと安定しない気候ですね。

週末は印刷物博物館というところに行ってきました。
そちらでは今「世界のブックデザイン展」というのが開催されていて、世界各国で行われた世界で最も美しい本コンクールで受賞した作品―つまり本ですが―がたくさん展示されています。
この展示会、私は今年初めて行ったのですが、なんというか一言で言うと「とても楽しかった!」です。
本を手に取り、頁を捲り眺め、裏返したり表紙剥がしたりと正味3時間たっぷりいろいろな本を拝見しましたが、半日くらい居られそうでした。
所々に丸椅子があって、ごゆっくりどうぞ的な配慮も大変ありがたく。
3月頭まで開催されてるので本好きさんや創り手さんは機会があればぜひ。興味深いと思います。

ぱっと見て惹かれる本、捲ってみておお!となる本、また作品ごとに記載された受賞のポイントを読んでほほーとなる本などなど。
デザイン賞って単純に装丁に対するイメージだったんですが、選出の基準は装丁はもちろん中身の内容―カタログや図表であれば見易さや著し方、お話であればストーリー含め―や、写真やイラストは印刷の色味の出し具合、文字のみの本でもフォントや紙と字の色合いまでと、審査員の方も読み込み大変だろうなあと感心させられました。
わりとよく出てきた表現として「余白がよい」というもの。文字のみの本でも間の取り方のようなものがあったり、写真も空間のバランスや文字の配置など、「余白」の使い方についてなるほどと思うことしきりでした。
コメントの書き方が私には面白くて、「審査員の半分は何故こんなものを本にしたのかわからないと言った」作品とか、「当初審査員の3分の1はこれは無しと言ったが検証を進める毎に有りが増え、最終的に全員が有りでエントリーされた」作品とか、それを読んで再びその本を見るとまた楽しめたりもしました。

ちなみに私が一番印象に残っている作品は日本で出版された絵本です。
表紙見てタイトル見ていかにも「私好み」で開いてみて、お話もさることながら意表をつく仕様になってまして。
うわーすごい!と思って作品概要見たら、作者(絵の描き手)がお笑いや俳優、映画監督などで巨匠と呼ばれる某氏でまたびっくり。
デザインや編集はそれぞれ別に担当した方がいるようですが、あの方ほんとにすごい人だなあと思ってしまった。
お話自体もとてもよいものなのでいろんな方が読まれるといいなあと思う作品です。

あと、ひたすら鉛筆で線を重ねた画集とひたすら青と黒のインクで線を重ねた画集があって、どちらもイラストの枚数もかなりある&勢いのあるもので描き手の気迫を感じました。
どちらもベルギーでの受賞作品だったので、ベルギーすげぇ!ってなりました。
ひととおり回った後にこの2冊は再度腰を下ろしてじっくり捲ってきました。

まあこれが自分が本創る時に活きるかというと…活かせませんけど(笑)
その前にまずは本文ちゃんと書く、書き遂げるところからです、はい。
精進します。。。

各種リンクについて

お知らせと言うほどでもありませんが、はろどき関連のリンクについてご案内を。

当ブログ内のリンク欄(今のレイアウトですと最新記事の右横)に幾つかリンクを貼らせて頂いています。
・novelist:SS・サンプル置き場
・pixiv:イベント・オフ情報
・twitter:日常
そのまんま書いてあるとおりですが、SSや小話のような作品は「novelist」に、「pixiv」はイベントのお知らせや新刊情報という感じで使っています。

「pixiv」はもっぱら見る専用で、ロイエド&気に入った作品があればブクマでなくフォローしちゃう派なのでフォローしてる方がとってもカオスな感じになってますが、ご参考にされる方がいればどうぞ。いないか(笑)

「twitter」は日常をつぶやいているようないないような感じで、浮き沈みもあるしあんまりおもしろいこともないと思いますが、気になる方がいらっしゃいましたらフォローしてやってください。
但し成人している方に限らせていただきます。
内容は大したことは言ってませんが「大人の方」とのお付き合いに限らせていただければと思います。
あと、あまり嗜好の合わなそうな方はブロックさせていただくこともありますのでご了承ください。
基本は大人のロイエド好きさんであれば歓迎!というところです。
鍵は掛けがちでイベント前後気が向いている間だけ外してます。
あんまり法則性はないのでお気になさらず。

そんな感じで、ここからリンクを辿られる方はたぶんあんまりおられないと思いますがご案内まで。

風邪やインフルエンザなどが流行っているようですので、皆さまお身体に気をつけてお過ごしくださいませ。

空宙のなまえ

寒い日が続いておりますが皆さまお元気でお過ごしでしょうか。
はろどきは年初以来の風邪がだいぶ治ってきたところです。
ロイエドのご本を枕元に積んで時間があれば読んでは寝、読んではまた寝・・・
身体はともかく心と頭はロイエドでほかほかです(^.^)

さて本日はたぶん誰も気にしてはいないだろうサークル名の由来など。
「そら」もしくは「sora」は元々HNにしようと思っていた名前でした。
実際使っているアカウントもありました。
そして、実はもしもサイトをやるならこれにしようと考えていたサイト名が別にあったのです。
昨年の冬コミに申し込むことに決めた際、サークル名はそれを使おうと思い一応コミケのカタログで同名がないか確認したところ、一致するサークルさんがありましてね。
ジャンルは全然違うので混同されることもなかろうとは思ったのですが、じゃあそれが英語だったので日本語で・・・と思ったらそれもありまして。
似たような感じで幾つか考えたんですが、それぞれ使われてるところがあったのですね。
一方、HNはもう今や通りがよくなってしまったはろどきにしようと思っていたので、そらの方をサークル名にするかと。
「そら」も「sora」もやはり使われてる方がいたので、当て字で「空宙」にしてみたという。
好きなものを全部詰めて「月と星と空と宙」なんてのも考えたのでが・・・長い!(笑)
各種プロフやら奥付やらもろもろ使用するのにいちいち長くて嫌になりそうなので短くした結果「空宙」に落ち着きましたww

ちなみに落選しましたが、初めて個人サークルとして申し込んだのが昨年の冬コミでした。
初サークル参加したスパークの方が開催日は先でしたが、申し込み順的には冬コミが先でした。
はろどきの由来はあるのですが説明不能なので割愛させていただきます。
使い続けてしまった理由は印象に残りやすかったようでそれで通ってしまったからです^^;

そしてさらにどうでもいい話ですが、元々サークル名にしようと思っていた名称を既刊の「流れ星をとらえし者」で使用していたりなんぞします。
自分的にはその部分を読むとちょっと笑えてしまいますが、それなりに意味づけを考えてつけた名称なので作品の中に入れ込むことができたのもよかったなあと思ってます。

見過ごされるであろう密かな思い入れやなんかも「独り言」的にここでお話していけたらななどと思っておりますので、気が向いたらおつきあいくださいませ。

ではでは今日はこの辺りで。

インテ大阪振り返り

改めまして、インテ大阪当日及び前後日お構いくださった皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました-!

空宙のスペースに多数の方にお越しいただきまして本当にありがとうございます。
「机上にあるの全部」とお求めくださった方や「既刊は通販で買いました」とおっしゃってくださった方もいらして大変嬉しかったです。
少しでもお楽しみいただけますように!
そしてますますロイエドを好きになっていただけたら嬉しいです。

今回は連休中日だったこともあり、前泊後泊と2連泊でゆっくり大阪滞在でした。
多少メンバー入れ替わりつつ5~6名でわいわいだったのでなんだか修学旅行みたいな雰囲気でした。楽しかった。
当日はお知り合いのサークルさんが訪ねてきてくださったり、こちらからご挨拶に伺ったりしてお話できてよかったです。
大阪でしかお会いできない方もいらしたりしますし、イベント参加は基本東京となりますが時々は大阪へも行きたいなと思いました。
とはいえ、あまり先の予定が立たない質なものでその時々となりますが^^;

書店通販を早々にご利用くださった方もいるようでありがとうございます。
既刊の「流れ星をとらえし者」は完売したようです。ありがとうございました。
手元にそんなにたくさんあるわけではないので追納どうしようかと思いつつ。
あった方がいいのかしら?・・・ちょっと追々考えます。

イベント終わるごとに無事済んだなとほっとします。
戦利品を楽しませていただきつつ、次のことを考えながら過ごしたいと思います。

CC大阪97御礼&書店委託のお知らせ

Comic City 大阪97サークル参加は無事終了いたしました。
本日ご参加された皆様お疲れ様でした!

当スペースまでお越しいただいた皆様、拙宅の作品をお手に取っていただいた皆様、誠にありがとうございました!
本日の新刊他、少しでもお楽しみいただけることを願っております。
嬉しいお言葉などかけていただいた皆様もありがとうございました。
とても励みになります。今後の創作の糧とさせていただきます。

「空宙」での次回イベント参加はHARUコミを予定しております。
新刊が出せるかは未確定ですが、何かお届けするものがあるよう気持ちを新たにがんばりたいと思います。
今後もロイエドが盛り上がっていきますように。ロイエドらぶ!

なお、本日の新刊「魔法の呪文はアブラカダブラ」につきまして、K-BOOKS様にて書店委託を開始いたしました。
割高になってしまい申し訳ありませんが、通販をご利用の方はご検討いただければと思います。
書店委託詳細

明日インテでお待ちしてます!

はろどき@関西に前日入りしております。

明日はインテ4号館エ44b「空宙-そら-」でお待ちしております!
参加される方はどうぞお気をつけていらしてください。
起こし頂けるのを楽しみにしております。

【1/12Comic City 大阪97】お品書き
http://www.pixiv.net/member_illust.php?illust_id=40860118&mode=medium

CC大阪97 おしながき

改めまして。
こんばんは、はろどきです。
さっそくですが、週末のインテ大阪のお知らせです。

【お知らせ】
 1/12 Comic City 大阪97にサークル「空宙-そら-」にて参加します。
  スペース:4号館エ44b(本人直参)
 当日は、はろどき個人誌の他に「おひさまとおつきさま」の既刊も委託させて頂いております。
 ちなみに空宙ではインテのサークル初参加です。
 わくどきしながらお待ちしておりますので、どうぞご来訪くださいませ。

※お品書き※
20140112CC大阪お品書_飾り枠

■当日新刊■
◆魔法の呪文はアブラカダブラ◆小説/A5/P88/800円/*R18
(※18歳未満の方はご購入頂けませんのでご了承ください)
 原作ベース/馴初め話/事件モノ
*サンプル*
 ノベリスト→ http://2.novelist.jp/68158.html
 ピクシブ → http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3265274
*ロイエド事件モノ企画「RE;case file2」参加作品
 →http://toyholic.main.jp/recf/index.html
*ケイブックス様にて書店委託予定。納品され次第お知らせします。

■既刊■2013/10/27発行*大阪初頒布*
「流れ星をとらえし者」小説/A5/オンデマ/P104/900円/*全年齢
 原作設定/馴初め話/記憶後退/

■委託■おひさまとおつきさま/たちもりさとき様
 → http://satoki.higoyomi.com/fa/
「Long long ago」小説/A5/P164/1500円/ロイエド/*全年齢
 夜の嫌いな大人と頑なな子供の原作設定ベースの馴初め話
「窓に映る空のいろ」小説/A5/P32/300円/ロイエド/*R18
 Moonlight Gimmick 短編集。Web再録4本+ペーパー再録1本+書き下ろし2本
「ゲリラ豪雨にあってもうろたえないための心得」A5/P52/500円/*R18
 RE強化合宿所企画本/小説&漫画(はろどきは小説で参加)

以上、よろしくお願いします\(^o^)/

ブログ始めました

ブログ始めました。

ブログ自体初めてなので訳が分からない状態ですが、環境整備などはこれからぼちぼちとやっていきますのでよろしく願いします。
主に二次創作(腐向け)のオフライン情報告知用になると思います。
もろもろの整備が済む前に目に触れてしまった方で不快な思いをされた方がいらっしゃるようでしたら申し訳ありません。
お手数ですがそっと画面を閉じて頂ければ幸いです。

はろどき(_ _)
プロフィール

はろどき

Author:はろどき
こちらはサークル「空宙-そら-」のお知らせ用ブログです。
二次創作、腐女子、BLに関連する内容が多分に含まれますので閲覧される際は充分ご注意願います。
【活動ジャンル】
 二次創作:小説・腐向け
 鋼の錬金術師:ロイ*エドワード
 参加イベント:コミケ・シティ
 (主に東京、時々大阪)

web拍手 by FC2

★メールフォーム★

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
空宙‐そら‐banner
空宙バナー

☆ロイエドオンリー☆赤ブー主催 ロイエドオンリー
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR